マルシェノルド第44号「外国人との共生社会を考える」が発刊されました

少子高齢化が進む一方で、経済のグローバル化が進展し、人・もの・お金の国際移動が活発化しています。

人口減少によって労働力の担い手が不足していく中で、地域社会の活力を維持していくためには、外国人材を生かしていくことが重要になってきます。

本号では外国人との共生社会づくりに向けて、その課題や政策として取り組むべき方向を考えています。

 

ダウンロードはこちらのページから